ブログ ブログ運営

「”tadv/classic-paragraph”ブロックはサイトでサポートされていません」と「画面左端の余白がぎりぎり」のワードプレス5.4ブログ対処法

「”tadv/classic-paragraph”ブロックはサイトでサポートされていません」と「画面左端の余白がぎりぎり」の不具合対処法

「”tadv/classic-paragraph”ブロックはサイトでサポートされていません」と「画面左端の余白がぎりぎり」の不具合対処法

 

 

ブログをワードプレス5.4に移行した際に、以下の不具合が2つ生じました。

 

ワードプレス不具合2つ

  1. 「"tadv/classic-paragraph"ブロックはサイトでサポートされていません」となり、過去記事が編集できない問題
  2. 記事編集時の画面左端がぎりぎりになり、非常に編集しづらい問題

 

イーグル隊長

この2つが無事に解決できたので、順番に説明していきます。

 

ワードプレスブログ不具合の状況

 

不具合は以下の状況です。

 

"tadv/classic-paragraph"ブロックはサイトでサポートされていません

"tadv/classic-paragraph"ブロックはサイトでサポートされていません

 

 

上記のエラーが表示され、過去記事が編集できなくなりました。

 

過去記事が編集できない

過去記事が編集できない

 

 

しかも画面編集画面の左端余白がぎりぎりで、新規投稿時も非常に編集しづらい。

 

画面左端の余白がぎりぎり

画面左端の余白がぎりぎり

 

 

この2つの不具合の解決方法は以下です。

 

ポイント

TinyMCE Advancedプラグインが原因でした。設定を変えることで治ります。

 

まずはTinyMCE Advancedのバージョンが5.4以上であることを確認しましょう。

 

5.4より下だった場合はアップデートをしてください。

 

その後、TinyMCE Advancedの設定を開きます。

 

TinyMCE Advancedの設定

TinyMCE Advancedの設定

 

 

続いてブロックエディターが選択されていることを確認し、下にスクロール。

 

ブロックエディターを選択

ブロックエディターを選択

 

 

上級者向け設定で以下の3つをチェック。

  1. クラシック版の段落ブロックを追加
  2. クラシック版の段落もしくはクラシックブロックをデフォルトのブロックにする(ハイブリッドモード)
  3. ブロックエディターをクラシックエディターに置き換える。

 

上級者向け設定で3つにチェック

上級者向け設定で3つにチェック

 

 

以上で完了です。

 

これで過去記事が編集可能となります!

 

また、画面左端の余白も回復。編集しやすくなりました。

 

修復完了

修復完了

 

 

ちなみに文字数の計測カウンターは文章編集ブロックの一番下へ移動しています。

 

機能ボタンも色んな場所に移動していますが、問題なく使えます。

 

本記事はこれで以上です。誰かの役に立てていれば幸いです。

 

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -ブログ, ブログ運営

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5