個別株 米国株 資産運用

ジョンソンエンドジョンソンの強み、弱み、株価推移と見通し

 

ジョンソンエンドジョンソン(Johnson & Johnson)は世界60か国、250以上のグループで展開する世界最大級のヘルスケア企業です

 

日本では絆創膏のバンドエイドやオーラルケアのリステリン、コンタクトのアキュビーが有名です。

 

BtoCの消費者向け製品の会社のイメージがありますが、実際はBtoBの医療機器、医療品売上が全体の約8割を占めています

 

本記事ではジョンソンエンドジョンソンの強み、弱みと株価推移、今後の見通しについて紹介します。

 

 

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の強み

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の強みです。

 

J&Jの強み

  • 50年以上の連続増配
  • 豊富なダイバーシティ
  • 世界トップクラスの研究開発投資
  • 分社分権経営による効率的な経営

 

50年以上の連続増配

50年以上の連続増配

50年以上の連続増配

 

ジョンソンエンドジョンソンは50年以上連続増配を続けています

 

50年以上も連続して増配ができるのは安定した経営によるものです。ヘルスケア企業としての圧倒的な地位が連続増配を可能にしています。

 

J&J配当状況

J&J配当状況

 

イーグル隊長

ジョンソンエンドジョンソンの2020年8月時点の配当率は約2.7%です。

 

ダイバーシティ

 

ジョンソンエンドジョンソンはダイバーシティを非常に重要視しています。

 

ジョンソンエンドジョンソン日本法人は日本経済新聞社と日経ウーマンによる2018年の「女性が活躍する会社ベスト100」で1位になりました

 

ジョンソンエンドジョンソンは2020年の目標として、女性従業員40%、女性管理職30%を定めています。

 

多くの企業で「ダイバーシティ推進室」などは存在しますが、ジョンソンエンドジョンソンは公募でダイバーシティ推進に携わる有志の社員を募集しました

 

有志で集まった約100人が多様性を尊重する文化を根付かせるため、様々な取り組みを実施。

 

例えば、男性の育休経験会やLGBTに対する取り組みも積極的に展開しています。

 

イーグル隊長

多様性を尊重し、幅広いアイデアや知見を取り入れることで、変化し続ける社会の中で柔軟に成長することが可能となります。

 

世界トップクラスの研究開発投資

 

ジョンソンエンドジョンソンは研究・開発へ惜しみない投資をしており、研究開発費は総売上高の約12%を占めています。

 

これはすべての産業の中でもトップクラスの研究開発費です

 

特に新薬の開発は基礎研究をはじめ、何段階ものステップがあり、10年以上かかるのが当たり前の世界で、新薬として市場に出る確率は5,000分の1や10,000分の1です。

 

ジョンソンエンドジョンソンは過去から研究開発費を惜しみなく投じており、新薬開発成功ができています。現在、新製品が売上高に占める割合は約25%を占めています。

 

イーグル隊長

目先の利益を追うのではなく、将来を見据えて研究開発費を投じる取り組みが長期的な成長に繋がっています。

 

分社分権経営による効率的な経営

分社分権経営による効率的な経営

分社分権経営による効率的な経営

 

ジョンソンエンドジョンソンの特徴的な経営スタイルの1つは分社分権経営です

 

ジョンソンエンドジョンソンは超巨大企業であるため、組織全体で物事を進めようとするとどうしてもスピードが遅くなります。

 

そこで、各地域、各分野に分けてグループ会社を増やし、マネジメントしやすいサイズに小さくすることで、経営スピードを高めています

 

グループ会社は250以上存在し、効率的なマネジメントを可能にしています。

 

イーグル隊長

従業員を信頼し、事業を託すことでそれぞれの領域において柔軟でスピード感ある効率的な経営ができています。

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の弱み

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の弱みは製品の訴訟リスクです

 

ジョンソンエンドジョンソンはヘルスケア企業なので、商品は様々な訴訟リスクが存在します。

 

2017年頃からジョンソンエンドジョンソンのベビーパウダーの裁判がおこなわれており、「ベビーパウダーに発がん性物質が混入してあり、そのせいでガンになった」と主張しています。

 

 

結果、ジョンソンエンドジョンソンは敗訴し、現在は北米でのベビーパウダーを発売中止にしてます。

 

イーグル隊長

米国は問題があればすぐに訴訟に発展するため、ジョンソンエンドジョンソンの世間に対するブランドイメージが悪くなるリスクがあります。

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の決算

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の決算は売上、利益ともに横ばいです。

 

ジョンソンエンドジョンソン決算

ジョンソンエンドジョンソン決算

 

最近まで70期以上連続して増収増益が続きましたが、最近は成長が緩やかとなり、連続記録はストップ

 

企業としてのサイズが巨大になったことが主要因ですが、現在でも安定した成長を続けています。

 

セグメント別売上ではBtoCの一般消費者向け製品が2割、BtoBの医薬品、医療機器が8割です。

 

セグメント別売上

セグメント別売上

 

 

BtoBの医薬品事業は「中枢神経系」、「真菌症」、「鎮痛・麻酔」、「ガン」の4分野に特に力を入れています。

 

医療機器事業は「外科手術」、「戦場・消毒・減菌・感染予防」、「心臓疾患」、「整形・脳神経外科」、「糖尿病」、「コンタクトレンズ」の領域が強いです。

 

地域別売上では米国が約5割、その他ヨーロッパと続きます。高齢化が進む日本も大きな売上を占めています。

 

地域別売上

地域別売上

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の株価推移

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の株価推移をS&P500と比較しました。過去5年間の推移です。赤がジョンソンエンドジョンソンで青がS&P500です。

 

過去5年株価推移比較

過去5年株価推移比較

 

 

過去5年間でS&P500は55%成長しましたが、ジョンソンエンドジョンソン株価は46%の成長。S&Pの成長より低いです。

 

しかし、ジョンソンエンドジョンソンは毎年3%程度の配当を続けているため、配当込みではジョンソンエンドジョンソンの方が成長率が高いです

 

続いて2020年初来のS&P500とジョンソンエンドジョンソン株価推移の比較です。

 

2020年初来株価チャート比較

2020年初来株価チャート比較

 

 

コロナウィルスによるマイナス影響が大きい2020年初来では、S&P500は1.7%の成長ですが、ジョンソンエンドジョンソン株価は0.3%成長で推移。

 

ジョンソンエンドジョンソンもコロナウィルスによるマイナス影響を大きく受けています。

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)今後の株価見通し

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)今後の株価見通し

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)今後の株価見通し

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の今後の株価見通しです。

 

ジョンソンエンドジョンソン株価見通し(Tipranks)

ジョンソンエンドジョンソン株価見通し(Tipranks)

 

 

Tipranksのアナリスト予想によれば、ジョンソンエンドジョンソンの今後1年間の株価見通しは166.67ドル。最低値は158ドル、最高値は175ドルです

 

2020年8月現在、ジョンソンエンドジョンソンの株価は147ドルなので、Tipranksのアナリスト平均予想と比べるとジョンソンエンドジョンソンの株価はかなり割安です

 

イーグル隊長

ヘルスケア事業ではコロナウィルスのワクチン開発が先行するモデルナ、ファイザー、アストラゼネカが買われているため、ジョンソンエンドジョンソンの株価は割安状態です。割安な今のうちにジョンソンエンドジョンソンの株を仕込むのは賢いと言えそうです。

 

 

まとめ:Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の強み弱み、株価推移

 

 

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)の強み、弱み、株価推移、今後の見通しを説明しました。

 

ポイント

  • ジョンエンドジョンソンは世界最大級のヘルスケア企業
  • 50年以上連続増配を継続
  • ダイバーシティを尊重し、変化に対応
  • 世界トップクラスの研究開発費を投資

 

ジョンソンエンドジョンソンは最近まで70期以上連続で増収増益を続けていたヘルスケア企業。

 

連続記録はストップしましたが、それでも安定した成長を続けています。

 

豊かなダイバーシティと世界最大級の研究開発費が長期的な成長を支える原動力です

 

イーグル隊長

変化し続ける世界の中で柔軟に対応できるジョンソンエンドジョンソンは今後も安定的な成長が期待できる優良銘柄です。

 

本記事はこれで以上です。

 

スターバックス株の強み弱みと今後の株価見通しについて

Starbucks(スターバックス)の強み弱みと今後の株価見通し
Starbucks(スターバックス)の強み弱みと今後の株価見通し

続きを見る

 

Netflix株の強み弱みと今後の株価見通しについて

Netflix(ネットフリックス)の強み弱みと今後の株価見通し
Netflix(ネットフリックス)の強み弱みと今後の株価見通し

続きを見る

 

ディズニー株の魅力と強み、弱みについて

アメリカウォルトディズニーの強み、弱み、今後の株価見通し
アメリカウォルトディズニーの強み、弱み、今後の株価見通し

続きを見る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -個別株, 米国株, 資産運用

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5