個別株 米国株 資産運用

バフェット率いるバークシャーハサウェイは何の会社?株価推移見通し

 

 

バークシャーハサウェイは何の会社でしょうか?

 

バークシャーハサウェイは投資の神様ウォーレン・バフェットがCEOを務める世界で最も有名な投資会社です

 

有名な投資会社だというのを知っていても、保険事業が中核事業であることや、鉄道会社を運営していることはあまり知られていません

 

本記事ではバークシャーハサウェイの強み、弱み、ポートフォリオ、今後の株価推移見通しについて説明します。

 

 

 

 

バークシャーハサウェイは何の会社?

 

 

 

バークシャーハサウェイはネブラスカ州オマハに本社を置く、世界最大の投資会社。

 

傘下には損害保険会社、鉄道会社、エネルギー会社など数多くの子会社、関連会社を抱えるほか、ポートフォリオに上場企業の株式を多く保有しています

 

グループ会社

  • GEICO:自動車保険に強みをもつ保険会社
  • General Re:再保険に強みをもつ保険会社
  • BNSF鉄道:北米最大の鉄道網を持つ鉄道会社
  • Berkshire Hathaway Energy :エネルギー企業
  • McLane Company:スーパーやコンビニに商品を供給する物流会社

 

GEICO(ガイコ)

 

 

バークシャーハサウェイのメイン事業が保険事業です。1996年に自動車保険のGEICO(ガイコ)を子会社化して以来、積極的にM&Aを繰り返してきました。

 

保険事業がバークシャーハサウェイにとって重要な理由は「フロート」と呼ばれる資金の存在が大きいです

 

フロートとは保険加入者が払い込んだ保険料のうち、保険金支払いに充当する準備金などを差し引いた残りの資金を指します。

 

イーグル隊長

フロートの資金は投資運用に充てることが可能であるため、バークシャーハサウェイの投資事業と相性が非常に良いです。

 

BNSF鉄道(バーリントン・ノーザン・サンタフェ)

 

 

BNSF鉄道(バーリントン・ノーザン・サンタフェ)は米国の貨物用鉄道会社です。アメリカの鉄道は日本と違って、ほぼすべてが貨物用です。

 

BNSF鉄道は全米最大クラスの鉄道会社でアメリカの28州をカバーし、総距離5万キロ以上の路線で展開しています

 

鉄道事業は景気によって左右されやすく、アメリカ経済が好調な時に鉄道事業は上がりやすく、低調な時は下がりやすいです。

 

Berkshire Hathaway Energy(バークシャーハサウェイエナジー)

 

 

バークシャーハサウェイエナジーは全米の多くの州で電力を供給しています。

 

ウォーレンバフェットは風力や太陽光などの再生可能エネルギーを重要視しており、将来の中核事業として多額の投資を実施しています

 

McLane Company(マクレーンカンパニー)

 

 

McLane Company(マクレーンカンパニー)は卸売会社で米国に80拠点以上の物流センターを運営。

 

米国ウォルマートなどの大型スーパーやコンビニエンスストアに食料品などを供給しています

 

 

バークシャーハサウェイの沿革

 

1960年代に紡績会社であったバークシャーハサウェイ社は安価な外国製品の台頭で工場が次々閉鎖され、破綻寸前でした。

 

時価総額は保有資産の評価額を下回っており、本来の企業価値より割安であることに目を付けたバフェット氏はバークシャー株を購入。

 

その後、バークシャーハサウェイの経営権を握ったバフェット氏は紡績業から撤退し、投資会社にすることで成功を収めてきました

 

1970年代には米国自動車保険大手のGEICO(ガイコ)に投資し、1998年には再保険会社のGeneral Re(ジェネラル・リ)、2007年にはオランダの損害保険会社NRGを買収するなど、保険事業を大きく拡大してきました。

 

 

A株とB株の違い

 

バークシャーハサウェイにはバークシャーハサウェイA株とバークシャーハサウェイB株が存在し、それぞれNYSEに上場しています。

 

A株とB株の違い

  • A株:1株約3,000万円する取引単価が高額の株式。機関投資家など大口投資家がメイン。好きなタイミングでA株1株をB株1,500株に交換可能。
  • B株:取引単価が比較的少額の株式。個人投資家がメイン。B株株主はB株1,500株をA株1株に交換はできない。

 

2020年8月現在バークシャーハサウェイA株は1株あたり305,000ドルなので、ほとんどの個人投資家は手が出ません。

 

個人投資家が投資しやすいのはB株です。基本的にバークシャーハサウェイの株価はA株主体で変動するので、B株はA株に連動します。

 

A株はB株1,500株に交換できるため、B株の価格がA株の1,500分の1を上回っている場合は、B株が買われすぎであり、注意が必要です

 

イーグル隊長

単価の低いB株の方が取引しやすいため、B株にプレミアムがついた状態で取引されることが起きやすいです。

 

 

バークシャーハサウェイの強み(ポートフォリオ)

 

 

 

バークシャーハサウェイの強みは何といっても上場企業への投資です

 

投資の神様ウォーレンバフェットが率いるバークシャーハサウェイは株式投資で成功を収め続けてきました。

 

バフェットがバークシャーハサウェイを買収した1965年から2017年までの約50年間でバークシャーハサウェイの株価は平均年率約20%で推移し、運用期間全体での株価は10,000倍以上に成長しました

 

同期間のS&Pの平均年率は約10%であり、バークシャーハサウェイのパフォーマンスの高さは驚異的です。

 

1965年から2017年までの間でマイナス成長だったのは2001年と2008年のわずか2回だけ。バークシャーハサウェイの運用の安定度は素晴らしいものです。

 

イーグル隊長

バフェットはバリュー投資を好むことで有名です。バリュー投資は割安状態の株に投資し、長期保有することで株価上昇を狙うものです。

 

バークシャーハサウェイの2020年5月におけるポートフォリオは以下の通りです

 

2020年5月ポートフォリオ

2020年5月ポートフォリオ

 

 

ポートフォリオの1位はアップルで、3割を超えています。2位に金融のバンクオブアメリカ、3位は一般消費財のコカ・コーラが続きます

 

バフェットは事業内容がシンプルかつ長期的な成長が見込まれる株を厳選して投資しています。

 

ウォーレンバフェットは長期投資を基本としていますが、2020年のコロナウィルス暴落時は保有株式の損切りに踏み込みました

 

例えばデルタ航空やサウスウェスト航空といった航空株をすべて売却したり、ゴールドマンサックスといった金融株も売却を進めました。

 

一方でポートフォリオの1位であるアップル株は保有比率を高めています。

 

アップルについて、米国マスコミへのインタビューで「アップル株を100%保有したい」と語るなど、アップルの持つ高いブランド力や収益性を高く評価していることが分かります

 

2020年8月にはアップルが再び時価総額1位になるなど、バフェットにとって追い風が吹いています。

 

イーグル隊長

最新のバークシャーハサウェイのポートフォリオはTop Investment Ideasというサイトで確認ができます。バフェットと同様の投資ポートフォリオを真似することも可能です。

 

 

バークシャーハサウェイの弱み

 

 

バークシャーハサウェイの弱みはウォーレンバフェットが2020年で90歳と高齢であることです

 

記者会見を見ると早口なしゃべり方で頭の回転も速く、まだまだ現役だなと印象を受けます。

 

しかし、2020年3月以降のコロナウィルスによる株価下落時にはいち早く航空株をすべて手放したことで多額の投資損失を計上したり、その後バーゲン状態の株を購入しなかったり、バフェットらしからぬ動きでした

 

ウォーレンバフェットの後継者としてはグレッグアベル氏が注目されています

 

グレッグアベル氏は2018年にバークシャーハサウェイの副会長に昇格しており、同社の中核人物です。

 

またウォーレンバフェットもグレッグアベル氏の人脈とエネルギー、知性について称賛しています。

 

イーグル隊長

バークシャーハサウェイに関するウォーレンバフェットの影響力は絶大ですが、その後継者もきちんと存在しています。しかし、バフェットが高齢である点は当社にとって最大の弱みです。

 

 

バークシャーハサウェイの決算

 

バークシャーハサウェイの決算

バークシャーハサウェイの決算

 

 

バークシャーハサウェイの年度決算です。2018年度は利益が減少しましたが、他の年は売上、利益ともに安定しています。

 

バークシャーハサウェイ決算

バークシャーハサウェイ決算

 

 

続いて四半期毎の決算です。2020年1Qで大きく赤字が発生しました。これはコロナウィルスによる株価暴落時に保有株を売却したことによる損切りによるものです

 

航空株のすべて、金融株、その他株を売却したことで、大きく投資損失が発生しました。

 

バークシャーハサウェイ四半期決算

バークシャーハサウェイ四半期決算

 

 

2019年度のセグメント別売上は保険がトップで製造業、McLane、サービスが続きます。

 

セグメント別売上

セグメント別売上

 

 

2019年度のセグメント別利益は投資による利益が全体の7割を占めており、非常に好調でした

 

セグメント別利益

セグメント別利益

 

イーグル隊長

2019年度は特に投資が好調だったため、利益への貢献度が大きいです。2020年はコロナウィルスの暴落による損切りを行ったため、投資部門は大幅な赤字となっています。

 

バークシャーハサウェイの株価推移

バークシャーハサウェイの株価推移

バークシャーハサウェイの株価推移

 

 

バークシャーハサウェイの株価推移をS&P500と比較しました。過去5年間の推移です。赤がバークシャーハサウェイで青がS&P500です。

 

過去5年株価推移比較

過去5年株価推移比較

 

 

過去5年間でS&P500は60%成長しましたが、バークシャーハサウェイ株価は36%の成長。S&Pの成長より低いです。

 

しかし、過去50年で比較するとバークシャーハサウェイはS&Pの約2倍のリターンを出しています

 

続いて2020年初来のS&P500とバークシャーハサウェイ株価の推移比較です。

 

2020年初来株価チャート比較

2020年初来株価チャート比較

 

 

コロナウィルスによるマイナス影響が大きい2020年初来では、S&P500は2%の成長ですが、バークシャーハサウェイ株価は-10%で推移。

 

イーグル隊長

バークシャーハサウェイはコロナ禍において大きな投資先の損切りを行ったため、株価も回復しきれていません。

 

バークシャーハサウェイの今後の株価見通し

バークシャーハサウェイの今後の株価見通し

バークシャーハサウェイの今後の株価見通し

 

 

Yahoo Financeによるバークシャーハサウェイの今後の株価見通しです。

 

今後の株価見通し

今後の株価見通し(Yahoo Finance)

 

 

バークシャーハサウェイの株価見通しは平均で217.5ドル。最低値は202ドル、最高値は233ドルです

 

2020年8月現在、バークシャーハサウェイの株価は205ドルなので、現在の株価は割安だと言えそうです

 

イーグル隊長

特にバークシャーハサウェイのポートフォリオ1位のアップル株価が大きく伸びているため、バークシャーハサウェイにとって好材料です。

 

 

まとめ:バークシャーハサウェイは何の会社?強み弱みと今後の株価推移見通し

まとめ:バークシャーハサウェイは何の会社?強み弱みと今後の株価推移見通し

まとめ:バークシャーハサウェイは何の会社?強み弱みと今後の株価推移見通し

 

 

バークシャーハサウェイは何の会社か、その強み弱みと今後の株価推移見通しについて説明しました。

 

ポイント

  • バークシャーハサウェイは世界最大の投資会社
  • 投資の神様ウォーレンバフェットがCEOを務める
  • 投資事業以外は保険ビジネスがメイン
  • 過去50年の平均年間成長率は約20%と驚異的なパフォーマンス
  • 2020年はコロナウィルスの暴落時に大きく損切りを実施
  • ウォーレンバフェットが90歳と高齢であることが懸念材料

 

バークシャーハサウェイでは投資の神様ウォーレンバフェットの存在が非常に大きいです。

 

過去50年の平均年間成長率は約20%であり、伝説級の数字を残してきました

 

2020年はコロナウィルスによる株価暴落時に大きく損切りしたため、投資損失が拡大も、自社ポートフォリオの1位であるアップル株価は大きく上昇。

 

ウォーレンバフェットはまだまだ元気そうですが、90歳と高齢であるため、今後の後継者がどうなるかに注目されます

 

イーグル隊長

近年パフォーマンスがやや落ちているバークシャーハサウェイですが、今後のウォーレンバフェットの動きには全世界の目が集まります。多額の手元現預金があるため、巨額のM&Aがおこなわれるかもしれません。

 

本記事はこれで以上です。

 

ウォーレンバフェットの時代は終わり?損切りで5兆円の赤字発生

バフェットの時代は終わり?株売却で5兆円の赤字
バフェットの時代は終わり?株売却で5兆円の赤字

続きを見る

 

アメリカの有名投資家から学ぶ資産運用の方法

アメリカの有名投資家から学ぶ資産運用方法
アメリカの有名投資家から学ぶ資産運用方法

続きを見る

 

アップルの株価チャートと今後の見通しについて

アップル(APPL)の株価チャート、今後の見通し分析【ファン必見】
アップル(APPL)の株価チャート、今後の見通し分析【ファン必見】

続きを見る

 

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -個別株, 米国株, 資産運用

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5