米国株 証券会社

【日本にいながら口座開設】米国証券会社Firstrade開設方法

米国証券会社Firstradeの口座開設方法

米国証券会社Firstradeの口座開設方法

 

 

海外駐在員の方や留学中の方など、海外居住者は日本の証券会社取引が出来ません。

 

そこで便利なのが、日本にいながら口座開設できるし、海外にいても利用できるアメリカの証券会社Firstrade。

 

Firstradeは口座開設、取引手数料無料で、海外どこからでも証券会社口座が利用できます日本にいながらも口座開設が可能です

 

Firstradeは過去から日本にいながら口座開設できる米国証券会社として非常に人気です。海外滞在時も口座の維持が可能です。

 

今回は最新のFirstrade口座開設方法についてまとめました

 

イーグル隊長

筆者がメインで使っている証券口座がFirstradeです。海外滞在時に使用ができて、日本帰国後も問題なく利用可能です。2度目以降の海外滞在でも活躍します。

 

 

 

 

米国証券会社Firstradeの口座開設が向いている人、向いていない人

米国証券会社Firstradeの口座開設が向いている人、向いていない人

米国証券会社Firstradeの口座開設が向いている人、向いていない人

 

 

Firstradeは証券口座開設が向いている人、向いていない人がはっきり分かれます

 

必要ない人はFirstradeの口座開設をしてもあまり意味がないです。

 

Firstrade口座開設が向いている人

 

向いている人

  • 海外駐在、留学、長期滞在中(または予定あり)の人
  • 英語がある程度問題ない人
  • 取引手数料0で取引したい人
  • アメリカドルで資産運用したい人
  • 米国市場の全ての株を対象に取引したい人
  • DRIPを活用したい人(配当再投資による節税)

 

Firstrade口座開設が向いていない人

 

向いていない人

  • 英語が出来ない人
  • 将来的に海外駐在、留学、長期滞在の予定がない人
  • 日本国内の証券会社に特に不満がない人
  • 確定申告がめんどくさい人

 

 

具体的な米国証券会社Firstradeの口座開設方法【日本にいながら口座開設】

米国証券会社Firstradeの口座開設方法

米国証券会社Firstradeの口座開設方法

 

 

Firstradeは口座開設、口座維持手数料が無料です日本にいながら口座開設が簡単にできます

 

まずは以下からFirstradeホームページにアクセスします。

 

Firstradeホームページ

 

必要書類は以下の3点だけ。

 

  1. 携帯電話
  2. パスポート
  3. マイナンバー

 

まずはFirstrade公式サイトにて「OPEN AN ACCOUNT」をクリック。

 

「OPEN AN ACCOUNT」をクリック

「OPEN AN ACCOUNT」をクリック

 

「Open International Account」をクリック

 

Open International Accountをクリック

Open International Accountをクリック

 

携帯電話番号を入力し、「Get Verification Code」をクリック。

その後に認証コードを入力し、「Continue」を選択。

 

認証コードを入力

認証コードを入力

 

 

口座開設に必要なものを確認し、「NEXT」を選択。

 

口座開設に必要なものを確認

口座開設に必要なものを確認

 

 

パスポートの画像をアップ。上は顔写真ページ、下は署名ページ。同じ画像でも大丈夫です。

 

パスポート画像をアップ

パスポート画像をアップ

 

氏名、マイナンバー等、必要事項を入力。

 

氏名、マイナンバー等、必要事項を入力。

 

 

年収、金融資産、投資経験などを入力。

 

信用取引、オプション取引、時間外取引は好みでどうぞ。分からなければNOのままでOKです。後から追加も可能です。

 

年収、金融資産、投資経験などを入力。

年収、金融資産、投資経験などを入力。

 

ユーザーID、パスワード、PIN(4ケタの暗証番号)を入力。

 

ユーザーID、パスワード、PIN(4ケタの暗証番号)を入力

ユーザーID、パスワード、PIN(4ケタの暗証番号)を入力

 

最後に利用規約を読み、サインをすれば完了です。

 

口座開設後、トップページでUsername、パスワードを入れればログイン完了です。

 

ログイン

ログイン

 

 

口座開設が終わったら、取引のための資金をドル建てで入金する必要があります。

 

入金は米国の銀行口座を作り、ACH送金を使うのが一番おすすめ。少し時間はかかりますが、手数料無料で入金が可能

 

米国の銀行口座は三菱UFJ銀行のグループ会社である、ユニオンバンクがおすすめ

 

日本から作成が可能です。日本語でのサポートが充実しており、使い勝手抜群です。

 

 

Firstrade証券口座のメリット・デメリット【実際に使って感じること】

Firstrade証券口座のメリット・デメリット【実際に使って感じること】

Firstrade証券口座のメリット・デメリット【実際に使って感じること】

 

 

実際にFirstradeを使って感じるメリット・デメリットを解説します。

 

Firstradeのメリット

 

メリット

  • 取引手数料が無料
  • 日本にいながら海外証券口座を利用可能
  • 海外長期滞在時でも証券口座を利用可能
  • 米国市場の全ての銘柄が取引可能
  • DRIPが利用可能
  • 携帯アプリと連動しており、使いやすい
  • 預金保護は証券投資者保護公社(SIPC)から500千ドル(うち現金250千ドル)+Firstrade独自の保険により37.5Mドル(うち現金900千ドル)と圧倒的に手厚い

 

ほとんどの取引手数料が無料のため、投資家としては非常に使いやすいです。短期トレードでも手数料がかかりません。

 

米国証券口座なので、米国市場の全ての上場銘柄の取引が可能です。

 

これにより小型成長株、テンバガー候補株などに投資が出来るため、個別株取引が充実します。

 

さらに、DRIP(配当を再投資に回すこと。節税できる)が使えることで、配当の恩恵を受けやすい長期取引と相性がいいです。

 

預金保護は日本より圧倒的に手厚い

 

イーグル隊長

SIPCに預金保護が日本人のような非アメリカ国籍も対象かどうか確認したところ、「対象です」との回答を得ています。

 

Firstradeのデメリット

 

デメリット

  • 全て英語
  • 一般口座であるため、確定申告が必要(外国税控除も必要)
  • 損益通算が同年度しかできない(海外証券会社のデメリット)
  • PC版だけ株価がリアルタイムとラグが生じる(銘柄の購入、売却にラグはない)

 

全て英語なので、ある程度英語が出来る人でないと厳しいです。

 

また一般口座であるため、儲けた分については毎年ご自身で確定申告を行う必要があります

 

日本の証券会社と違って3年間の損益通算が出来ないため、損切りについてはタイミングに注意が必要です。これはどこの海外証券会社も同じであり、やむ無しです。

 

実際に取引すると分かりますが、PC版Firstrade画面の株価はリアルタイムとラグが生じます(15分くらい)。

 

Firstradeの注文は、リアルタイムで処理してくれるので全く問題ありません

 

※スマホのFirstradeアプリはラグなく、リアルタイム株価が見れます

 

リアルタイムの株価を確認するのはスマホ版かYahoo Financeなど別のホームページを使うのがベターです。

 

 

まとめ:米国証券会社Firstradeの口座開設方法【日本にいながら口座開設】

まとめ:米国証券会社Firstradeの口座開設方法

まとめ:米国証券会社Firstradeの口座開設方法

 

 

日本にいながら口座開設が出来る米国証券会社Firstradeの開設方法について紹介しました。

 

Firstradeは海外から証券口座取引をしたい人や日本に住みながら米国証券口座を使いたい人に最適の米国証券口座です。

 

ほとんどの手数料が0であるため、気軽にトレードが出来ます。

 

イーグル隊長

Firstradeはデメリットもありますが、総じて非常に使いやすい証券口座であり、満足しています。

英語がある程度問題なく、海外滞在の予定がある人、米国株式全てを対象に取引したい人におすすめです。

 

Firstrade証券の口座開設はこちらから

Firstradeホームページ

 

Firstradeの使い方はこちら

Firstradeの使い方解説【ACH入金、送金、出金、買い方、売り方】
Firstradeの使い方解説【ACH入金、送金、出金、買い方、売り方】

続きを見る

 

FirstradeのDRIP設定方法

FirstradeでDRIPを設定する方法
FirstradeでDRIPを設定する方法

続きを見る

 

米国株取引ができる証券口座の比較

米国株のおすすめ証券会社を初心者用に徹底比較【ランキングあり】
米国株のおすすめ証券会社を徹底比較【ランキングあり】

続きを見る

 

米国株テンバガーの紹介

10倍成長に賭けろ!米国株テンバガー狙いのSprout Social
10倍成長に賭けろ!米国株テンバガー狙いのSprout Social

続きを見る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -米国株, 証券会社

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5