個別株 米国株 資産運用

Netflix(ネットフリックス)の強み弱みと今後の株価見通し

 

Netflix(ネットフリックス)は世界最大級のサブスクリプション型動画ストリーミングサービスです。

 

悩める柴

Netflixと他の動画配信サービスはどこが違うの?

 

と思っている人も多いと思います。

 

今回はNetflixの強みと弱み、今後の株価見通しについて紹介します

 

 

 

 

Netflix(ネットフリックス)とは?

 

 

Netflix(ネットフリックス)は190か国以上で約2億人の会員数を誇る世界最大のサブスクリプション動画配信サービスです

 

アメリカでの有料会員数は6000万人を超えており、アメリカでは約5人に1人がネットフリックスに加入しています。

 

日本では2015年よりストリーミング配信を開始(日本の会員数は非公開)。

 

ネットフリックスでは表示されている作品をすべて見ることができます。月額制ですが、レンタルではなく完全に見放題です。

 

料金プランは3種類であり、テレビの画質や同時接続人数による違いがあります。

 

ネットフリックス料金プラン

ネットフリックス料金プラン

 

 

ネットフリックスが成功したのは「ハウス・オブ・カード」の影響が大きいです。

 

 

 

ハウス・オブ・カードはエミー賞をネット配信サービスが初めて3部門受賞したものです。

 

ハウス・オブ・カードによる成功がNetflixを有名なものにし、大物俳優たちもネット配信サービスに出演するようになりました

 

 

ネットフリックスの競合

 

ネットフリックスの競合は以下の先です。

 

競合先

  • Hulu:コムキャスト、21世紀Foxなどのメディアによる運営
  • Amazon Prime Video:アマゾンによる動画サービス
  • YouTube:グーグルによる動画共有サービス
  • Apple TV:アップルによる動画サービス
  • ディズニー:独自の動画サービスを2019年に開始

 

イーグル隊長

コロナウィルスの影響もあり、多くの競合先がビデオストリーミングサービスに参入しています。

 

Netflix(ネットフリックス)の強み

Netflix(ネットフリックス)の強み

Netflix(ネットフリックス)の強み

 

 

Netflix(ネットフリックス)の強みは以下の2点です。

 

Netflixの強み

  • 莫大な予算を使うオリジナルコンテンツ
  • 自由な番組制作

 

莫大な予算を使うオリジナルコンテンツ

 

どの動画配信サービスもオリジナルコンテンツを増やしていますが、Netflixは圧倒的にオリジナルコンテンツが多いです

 

Netflixオリジナル

Netflixオリジナル

 

ネットフリックスはコンテンツ製作にお金を非常にかけており、例えば2020年には約173億ドル、日本円で2兆円近くを投資しています

 

Disney+やApple TVと比較しても断トツです。

 

例えば日本のTV局(2018年)と比較するとその巨額さが分かると思います。

 

制作費

  • ネットフリックス:2兆円
  • テレビ朝日:900億円
  • 日本テレビ:980億円
  • TBS:1000億円

 

ネットフリックスは日本のテレビ局の約20倍程度をコンテンツ製作にかけており、面白いオリジナルコンテンツを増やしています。

 

出演スタッフや企画陣にしてみれば、製作費が高いほうが魅力的であり、ネットフリックスに転職する優秀なスタッフも増えています。

 

また、Netflixはオリジナルコンテンツに非常にこだわっており、アカデミー賞やゴールデングローブ賞、エミー賞ノミネートの常連となっています

 

第71回エミー賞のノミネート作品が全米中最多の112部門にのぼったり、映画「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングと「アベンジャーズ」のクリス・エヴァンスの共演に最高予算の約220億円を投資するなど話題が豊富です。

 

日本国内でもフジテレビやテレビ東京とタッグで共同制作したり、アニメスタジオや有名クリエイターと手を組んだりとコンテンツの強化に取り組んでいます。

 

特にアニメ作品が強く、オリジナル作品は人気が高いです

 

 

イーグル隊長

1本1本の作品が時間と予算をしっかりかけて作られているため、ハイクオリティで評価が高い作品が揃っています。

 

自由な番組制作

 

ネットフリックスは過激な番組やドキュメンタリーを多数放映しています

 

ネットフリックスの収入は個人ユーザーからの課金で成り立っており、スポンサーがいません。

 

つまり、番組制作でスポンサーからの圧力がかからず、質の高い番組を自由に制作することが可能です

 

例えば、「世界の”現実”旅行」では核爆弾投下によりできた湖で泳いだり、コロンビアの殺し屋に会いに行くなど、非常に過激な旅行番組です。

 

 

Netflix(ネットフリックス)の弱み

 

 

Netflix(ネットフリックス)の弱みはアニメ以外の国内コンテンツが少ないこと

 

元々アメリカの会社であるため、海外ドラマが多いことに加えて、最近は韓国大手メディアと組むオリジナル作品が目立ちます。

 

日本の人気作品でも多くの海外作品がランクインされています。

 

ネットフリックスのアニメ作品は国内アニメスタジオとパートナーシップを組んでいるため、量・質ともに充実しています。

 

しかし、アニメ以外の国内作品は少ないため、日本国内の作品が好きな人には物足りないかもしれません

 

 

Netflix(ネットフリックス)の決算

Netflix(ネットフリックス)の決算

Netflix(ネットフリックス)の決算

 

 

ネットフリックスの決算です。売り上げ、利益ともに順調に上昇しています。売り上げは3年間で2倍以上に増加しており、素晴らしい成長率です

 

ネットフリックス決算

ネットフリックス決算

 

 

地域別売上は以下の通りで、アメリカ+カナダで売上の約半分。続いてEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)です。

 

日本が含まれるAPACは売上の7%のみです。

 

地域別売上

地域別売上

 

 

Netflix(ネットフリックス)の株価チャート

Netflix(ネットフリックス)の株価チャート

Netflix(ネットフリックス)の株価チャート

 

 

Netflix(ネットフリックス)の株価推移をS&P500と比較しました。過去5年間の推移です。赤がネットフリックスで青がS&P500です。

 

過去5年ネットフリックス、S&P株価チャート比較

過去5年ネットフリックス、S&P株価チャート比較

 

過去5年間でS&P500は54%成長しましたが、ネットフリックスは322%の成長。素晴らしい成長率です。

 

続いて2020年初来のS&P500とネットフリックス株の成長率比較です。

 

2020年初来ネットフリックス、S&P株価チャート比較

2020年初来ネットフリックス、S&P株価チャート比較

 

コロナウィルスによるマイナス影響が高い2020年初来では、S&P500は0.8%の成長ですが、ネットフリックス株は49%のプラス成長。

 

コロナウィルスによる巣ごもり生活でネットフリックスの利用が世界的に拡大しました

 

イーグル隊長

ネットフリックスはコロナ禍で伸びた代表的な株です。

 

 

Netflix(ネットフリックス)の今後の株価見通し

Netflix(ネットフリックス)の今後の株価見通し

Netflix(ネットフリックス)の今後の株価見通し

 

 

Netflix(ネットフリックス)の今後の株価見通しです。

 

ネットフリックス株価見通し(Tipranks)

ネットフリックス株価見通し(Tipranks)

 

 

Tipranksのアナリスト予想によれば、ネットフリックスの今後1年間の株価見通しは519.43ドル。最低値は220ドル、最高値は625ドルです

 

2020年8月現在、ネットフリックスの株価は488円なので、Tipranksのアナリスト平均予想と比べれば割安です

 

イーグル隊長

一方で、コロナウィルスの影響を受けて、Amazon Prime Video、Apple TV、Disney+といった競合がどんどん参入している分野なので、今後の競争は激しくなるでしょう。

 

まとめ:Netflix(ネットフリックス)強み弱みと今後の株価見通し

 

 

Netflixの特徴、強み、弱み、今後の株価見通しなどを説明しました。

 

ポイント

  • ネットフリックスは世界最大の動画ストリーミング企業
  • 全世界で約2億人の会員がおり、サブスクリプション収入が安定的
  • オリジナルコンテンツにどこよりも巨額の投資をしている
  • 海外作品、アニメ作品が特に強い
  • 最近は競合が増加しており、今後の成長率は下がる可能性あり

 

ネットフリックスはオリジナル商品にこだわり、お金と時間をかけて質の高いものを作り続けています

 

競合先は増えていますが、ネットフリックスのオリジナル作品の製作費は圧倒的に高く、競合と差別化ができています

 

一方で競合のAmazon Prime Video、Apple TV、Disney+は知名度が高く、今後競争が激化していきそうです。

 

イーグル隊長

コロナ禍で動画ストリーミングサービス需要は全世界で高まっており、ネットフリックスは業界のリーダーとして今後も注目が必要です。

 

本記事はこれで以上です。

 

 

ディズニー株の魅力と強み、弱みについて

アメリカウォルトディズニーの強み、弱み、今後の株価見通し
アメリカウォルトディズニーの強み、弱み、今後の株価見通し

続きを見る

 

最強のGAFAMとは?その魅力と強み、弱みについて

GAFAMとは?最強企業の成長率と強み弱みについて
GAFAMとは?最強企業の成長率と強み弱みについて

続きを見る

 

テスラ株の強み、弱みと株価チャートについて

テスラの株価チャートと今後の見通し【どこまで上がる?】
テスラの株価チャートと今後の見通し【どこまで上がる?】

続きを見る

 

SNSの王様、フェイスブックの株価チャートと今後の見通し

フェイスブック株価チャート、今後の見通し【SNSの王様】
フェイスブック株価チャート、今後の見通し【SNSの王様】

続きを見る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -個別株, 米国株, 資産運用

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5