資産運用

資産運用で外せないメンタルを鍛える方法【ストレスに負けない投資】

資産運用で外せないメンタルを鍛える方法【ストレスに負けない投資】

資産運用で外せないメンタルを鍛える方法【ストレスに負けない投資】

 

 

悩める柴

資産運用でメンタルって関係あるの?

メンタルを鍛える方法ってあるの?

 

資産運用するにあたってメンタルコントロールは必須です

 

初心者の方は「なんで???」となるかもしれません。

 

投資にメンタルって必要なの?って思いますが、メンタルは超大事です。

 

すでに投資経験がある人なら同意してくれると思います

 

勝ってる時は良いですが、負けて含み損が出ているときにメンタルの強さが何よりも大事になります

 

よく、初心者でいきなり高難易度の投資から入る人がいますが、大きな落とし穴です。

 

分かった気になっていたものの、いざ投資を始めて、含み損が数字で表示されるとプレッシャーに打ち勝てなくなります

 

多少金融をかじっている人ほどそうなりやすいですね。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、金融に10年以上勤めており、米国にてMBAを取得(ファイナンス専攻)。実際に1000万以上を資産運用しており、正直におすすめ出来るものだけ紹介しています。

 

イーグル隊長

正しい投資判断をしていたはずなのに、負け始めたときに弱気になり、損切りをした結果、大きく負けたケースが私もあります。なぜあの時待てなかったのかって悔やまれます。

 

今回はメンタルで負けやすい資産運用とメンタルを鍛える&メンタルが弱くても大丈夫な資産運用の投資方法を紹介します

 

 

 

 

おすすめしない資産運用【メンタルストレスで負けやすい】

おすすめしない資産運用【メンタルで負けやすい】

おすすめしない資産運用【メンタルで負けやすい】

 

 

まずおすすめしない資産運用を説明します。

 

これらの投資は正しい投資判断をしていても、途中でメンタルの弱さが仇となり、損を抱えきれず、損切りをしてしまう可能性が高いものです

 

おすすめしない資産運用

  • デイトレード:非凡なメンタルとセンスが必要です。デイトレートは自分の思うように変動しません。機関投資家が相手となり、扱える情報量に圧倒的な差が生じます。またアルゴリズム取引により取引タイミングも超速のため、個人投資家は圧倒的に不利です。
  • 原油投資:コモディティ取引のうち原油取引は特に難しいです。需給バランスで実需に応じて下がるときは下がるところまで下がります。また一旦下がったからと言って戻る保証がありません。政治的要素、コンタンゴリスクなど特殊要因も強いため、強いメンタルと知識が必要です。
  • FX投資:メンタルコントロールが非常に大事な投資です。あっという間に上下に振れるため、含み損益が一気に広がります。一回負けたら負けを取りしたくなるのが、人間の性。途中でやめられず退場リスクが高い投資です。
  • レバレッジ投資:ETFのレバレッジ商品も含みます。レバレッジ商品は2倍、3倍でも長期的に現商品の動きに劣後します。それでもレバレッジをかけられますか?ハイプレッシャーを耐える鋼のメンタルが必要です。
  • ショート取引:株価が下がると儲かる取引のことです。マーケットは基本的に株価は上昇トレンドです。株価下落を予想してショートはありだと思いますが、ショートしてすぐに株価が下落するのは稀です。予想に反してショート後、しばらく上昇することも多く、その期間を耐えるために強いメンタルが必要になります。
  • アパート投資:そもそも借り入れをする時点で強いメンタルが必要です。これから少子化の中、20年、30年の長期取引に耐えられますか?テレワーク浸透で地方に戻る人も増えていくはずです。東京なら震災リスクもあります。不動産知識のない素人が手を出すのは危険です。
  • マンション区分投資:区分投資はアパート投資と違い、テナントが出た時点で入居率0%となり、収益が0になります。借入の返済が難しくなったときに本業から返済できますか?上記アパート投資リスクも同時に発生します。特にサラリーマンにはおすすめ出来ません。

 

短期で成果を出す、レバレッジで成果を出す、借入レバレッジをかけて成果を出す系の投資は強いメンタルが必要です。

 

自分はメンタル強いから大丈夫と思っていても、実際に投資を始めるとほとんどの人はメンタルが持たずに当初想定していた期待通りに行かず、負けてしまいます

 

期待通りに行かないのが投資の世界です。

 

イーグル隊長

私も石油、レバレッジ商品、ショート取引で損を出した経験があります。価格が下がってしまい、損切り判断をした後で、価格が上昇するパターンです。何故あと1日待てなかったんだろうって悔やまれますが、その時は冷静でなく、一刻も早く手放さなければさらに下がってしまうという追い詰められた状況なんですよね。

 

特にデイトレードはマーケットから動けなくなります。1分1秒が気になり、ご飯を食べる、トイレに行くだけでもマーケットが気になって仕方なくなります。

 

それで仮に少々勝ったとしても幸せだと言えるでしょうか?

 

負けた場合は最悪です。

 

かなりストレスフルな生活となるため、普通の人にはおすすめ出来ません

 

投資は余剰資金で行うもの。生活の余裕を得るために運用するものです。

 

それで余裕がなくなってしまうのは本末転倒です。

 

メンタルを鍛える資産運用方法【ストレスに打ち勝つ】

メンタルを鍛える資産運用方法

メンタルを鍛える資産運用方法

 

ではどうしたらメンタルを鍛える資産運用が出来るでしょうか?

 

早速結論です。

 

おすすめの資産運用

  • コア投資は米国株インデックスETFまたは米国個別株で行う。
  • 趣味投資は必要に応じてサテライトで行う。

 

米国株インデックスETFは運用コストが圧倒的に低く(例えばVTIなら0.03%)、レバレッジ商品のように長期取引による劣後もないです。

 

米国個別株は好きな銘柄を選べば良いと思います。銘柄選択が難しいうちはインデックスETF1本で良いです。慣れてきたら好きな株をチェックすると楽しくなります。

 

一番大事なのはいずれも3年以上の長期取引を前提に行うことです

 

途中で下がるときもありますが、米国株インデックスなら歴史上、長期的に見れば毎回回復しています

 

長期取引を前提にすることで、機関投資家より優位になります

 

機関投資家は短期的に結果を出さなければならないため、アルゴリズム取引、豊富な情報量で瞬間取引を行いますが、長期取引であれば短期取引の変動をカバーできます。

 

インデックス投資、個別株投資をメインで行いながら、サテライトで自分の好きな投資をすることがメンタルを鍛える意味でおすすめです

 

サテライトで少額にてハイリスク、ハイリターン取引に挑戦するのはありです。仮に負けても少額なら傷が少ないですしね。勉強代ってやつです。

 

 

まとめ:メンタルを鍛える資産運用方法【ストレスに負けない投資】

まとめ:メンタルを鍛える資産運用方法【ストレスに負けない投資】

まとめ:メンタルを鍛える資産運用方法【ストレスに負けない投資】

 

メンタルで負けやすい資産運用とメンタルを鍛える資産運用について紹介してきました。

 

投資は長期間で付き合っていくものです。仮にチャンスを逃しても、次のチャンスがいくらでもあります

 

「あの時こうしていれば」、「もう少し待っていれば」などは全て後から言えることです。

 

1回のチャンスを追いすぎず、さらっとした気持ちで長く付き合っていきましょう

 

最後にもう一度まとめです。

 

おすすめしない資産運用

  • 短期売買の株式投資
  • 原油投資
  • アパート投資
  • マンション区分投資
  • FX投資
  • CFD投資

 

おすすめの資産運用

  • コア投資は米国株インデックスETFまたは米国個別株で行う。
  • 趣味投資は必要に応じてサテライトで行う。

 

本記事はこれで以上です。

 

米国株の証券会社を比較しました。

米国株のおすすめ証券会社を初心者用に徹底比較【ランキングあり】
米国株のおすすめ証券会社を徹底比較【ランキングあり】

続きを見る

 

DRIPを活用した高配当株で儲ける方法です。

DRIPを活かした高配当株で儲ける方法【おすすめ銘柄と長期運用】

続きを見る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -資産運用

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5