ブログ ブログ運営 初心者

ブログ記事ネタの探し方を8個公開【1日2記事書ける】

ブログ記事ネタの探し方を8個公開【1日2記事書ける】

ブログ記事ネタの探し方を8個公開【1日2記事書ける】

 

悩める柴

あああ、ブログのネタがない。。困った!どうやったらネタが続くのか教えて!

 

ブログ記事ネタの探し方を紹介します。

特にブログを始めて数記事書いた時点で「ネタがなくなった!」と思う方は多いのではないでしょうか。

 

私はしばらく1日2記事のペースでブログ更新を続けられたので、ネタ出しの秘訣を公開しようと思います。

 

この方法を実践すれば、ブログの記事ネタに困ることは無くなるはずです!

 

では早速目次です。

 

 

 

 

ブログ記事ネタの探し方で大事な前提

ブログのネタ探しで大事な前提

ブログの記事ネタ探しで大事な前提

 

まず一番大事な前提ですが、ブログは読者のために書くものです。

 

自分のためではなく、読者が「読んでよかった」と感じてもらうブログを書く必要があります。

 

つまり、

「面白かった 漫画 おすすめ」

ではなく、

 

「寝不足注意 読むのが止まらない 漫画 10選」

または

「抱腹絶倒 笑いすぎてアゴが外れた 漫画 10選」

といったように読者の目を引くネタを考えましょう。

 

ネタを考えるヒントは読者の立場になって、自分が読みたい!と思うものを書くことです。

 

ブログ記事ネタの探し方8個

ブログを1日に2記事書くネタの探し方

ブログを1日に2記事書くネタの探し方

 

具体的なブログ記事ネタの探し方についてご紹介します。

これらは私が1日にブログを2記事書くのに実践していることです。

 

ブログ記事ネタの探し方

  1. グーグルでネタを検索
  2. 本でネタを検索
  3. 関連キーワード取得ツールで検索
  4. 自分の経験から考える
  5. 自分の過去記事から考える
  6. 散歩またはランニングをする
  7. 通勤時間でネタを考える
  8. お風呂中は一番大事なネタ出し時間

 

では順番に見ていきます。

①グーグルでネタを検索

最初はグーグル検索を利用したネタの発掘方法です。

 

例えば、おすすめのマンガネタを考えるとします。

 

グーグル検索で「マンガ おすすめ」と検索します。

そうすると赤枠に検索候補がずらっと出てきます。

 

検索例

検索例

 

赤枠の検索候補はユーザーがよく検索する内容です。

つまり、これらがネタになります。

 

さらに検索をもう少し絞って「おすすめ マンガ 完結」と検索しましょう。

検索例2

検索例2

 

更に絞ることが出来ました。

この中から自分が書けそうなネタを選んでいくと良いです。

 

グーグル検索候補からネタを考える場合、読者に検索されやすい効果的なブログ記事が作れます。

 

②本でネタを検索

続いて本の中からネタを探す方法です。

例えば英語の勉強法についてネタを探します。

 

グーグルで「英語 勉強法 おすすめ 本」と検索します。

 

ネタを本から探す

ネタを本から探す

 

アマゾンの売れ筋ランキングが表示されます。

 

アマゾン売れ筋ランキング

アマゾン売れ筋ランキング

 

ランキングは1位~100位まで表示されるので幅広にネタを探すことができます。

 

ランキングを見ると人気のトレンドが見えてきます。

例えば「TOEIC」や「音読」などですね。

 

この中から自分で書きやすいネタを見つけましょう。

 

③関連キーワード取得ツールで検索

続いて関連キーワード取得ツールで検索する方法です。

この方法はかなり使えるので、非常におすすめです。

 

関連キーワード取得ツールは下のサイトから無料で利用できます。

>>関連キーワード取得ツール(外部リンク)

 

使用方法を説明します。

今回は「英会話」でネタを探します。

 

「検索キーワード」に「英会話」と入力して検索します。

 

「英会話」と入力して検索

「英会話」と入力して検索

 

以下に「英会話」に関するキーワードがずらっと表示されます。

 

 

左上の赤枠は検索数が多い順の人気キーワードです。

右上の緑枠は「英会話」に関連する全てのキーワードが表示されます。

 

これをキーワードプランナーと組み合わせると、実際の検索ボリュームが把握できます。

より具体的なターゲットを絞れるようになります。

 

キーワードプランナーとの組み合わせ方はこちらの記事をどうぞ

ブログキーワードの選定とキーワードプランナーの使い方【無料で登録】
ブログキーワードの選定とキーワードプランナーの使い方【無料で登録】

続きを見る

 

 

④自分の経験から考える

続いて自分の経験や体験から考える場合です。

 

経験や体験のポイント

  • 3年以上続けていること
  • 新しく挑戦していること
  • 成功体験
  • 失敗体験
  • 進捗状況

 

自分が続けていることや新しく始めることがネタになります。

成功、失敗、チャレンジ中のことがネタに出来ます。

 

例えば登山が趣味なら登山だけでなく、「途中の観光スポット」、「おいしい蕎麦屋」、「登山中におきたハプニングや出会い」などがネタとなります。

 

⑤自分の過去記事から考える

続いて自分の過去記事から考えるパターンです。

 

実は過去記事はネタの宝庫です。

 

特に最初のころに書いた記事をチェックするのが良いです。

 

過去の記事内容を少し変えて新しい記事に変えることができます。

 

例えば、

「日本株のおすすめ投資法」という記事を書いていたら、

「日本株のおすすめ守りの投資法」や「日本株のおすすめ攻めの投資法」などといった記事が作れます。

 

過去記事に付加価値を付けることで、新しい記事が作れます。

 

⑥散歩またはランニングをする

ネタに詰まったら息抜きをしましょう。

椅子に座ってパソコンに向かったままだと考えが詰まります。

 

近くの公園や川沿いを散歩、またはランニングして一旦頭の中をリセットします。

 

特に家の中にいることが多い人におすすめの方法です。

 

毎日散歩、毎週1、2回ランニングすることで新しいアイデアが浮かびやすくなります。

アイデアが浮かんだ時はすぐに携帯のメモ機能で書き留めておくと良いですよ。

時間の無駄のように見えもしますが、リフレッシュは大事です。

 

⑦通勤時間でネタを考える

続いては通勤時間でネタを考える方法です。

 

通勤時間中にスマホアプリやネットサーフィンをするのは時間の無駄です。

 

その代わりにスマホで記事を書いたり、ネタ出し、記事の構成を考えましょう。

家に着いた時点で記事の構成がまとまっていれば、一気に作業がはかどります。

 

⑧お風呂は一番大事なネタ出し時間

お風呂またはシャワーは貴重な時間です。

頭が空っぽになり、新しいアイデアが浮かんできます。

 

ポイント

いつもより長めに入るとアイデアが浮かびやすくなります。

サウナはさらに有効です。

 

毎日のお風呂タイムを大事にして、ブログ記事のネタ出しに有効活用しましょう。

 

 

まとめ:ブログ記事ネタの探し方8個

まとめ:ブログネタの探し方【1日に2記事書く】

まとめ:ブログ記事ネタの探し方【1日に2記事書く】

 

ブログ記事ネタの探し方をまとめます。

 

ブログ記事ネタの探し方

  1. グーグルでネタを検索
  2. 本でネタを検索
  3. 関連キーワード取得ツールで検索
  4. 自分の経験から考える
  5. 自分の過去記事から考える
  6. 散歩またはランニングをする
  7. 通勤時間でネタを考える
  8. お風呂中は一番大事なネタ出し時間

 

ブログ記事のネタ出しは習慣です。

これらの方法を取り入れれば、ブログ記事ネタが増えていくはずです。

 

さらに時間が取れる時は1日2記事書くことにチャレンジしてみましょう。

最初は記事構成とライティングがきついですが、一気にブログの積み上げができます。

 

今回はこれで以上です。

 

ブログで月5万円の収入を目指す参考記事です。

ブログ初心者がアフィリエイトで月5万円を稼ぐためのおすすめ方法
ブログ初心者がアフィリエイトで月5万円を稼ぐためのおすすめ方法

続きを見る

 

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -ブログ, ブログ運営, 初心者

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5