アフィリエイト ブログ ブログ運営 初心者

ブログ収入の税金、確定申告まとめ【保存版】

ブログ収入の税金、確定申告まとめ【保存版】

ブログ収入の税金、確定申告まとめ【保存版】

 

悩める柴

ブログで収入が発生したら税金はどうすれば良いの?

確定申告の条件とどうやれば良いのかも教えて。

 

ブログ収入の税金、確定申告の条件、注意点、やり方についてまとめます。

 

副での場合、ブログ収入が20万円以上になると確定申告が必要です

 

しかし、ブログ収入20万以下でも住民税の申告は必要です

 

本記事のポイント

  • シチュエーション別の税金支払、確定申告方法
  • 確定申告をしないとどうなるか
  • 副業で会社にバレない方法
  • ブログ収入の確定申告方法
  • ブログ収入の節税方法
  • おすすめ確定申告ツール

 

イーグル隊長

確定申告は毎年2月16日~3月15日です。ギリギリになって慌てないためにもしっかりと税金の取扱方法を確認しましょう。

 

 

 

 

ブログ収入の確定申告、税金納付をシチュエーション別に説明

ブログ収入の確定申告、税金納付をシチュエーション別に説明

ブログ収入の確定申告、税金納付をシチュエーション別に説明

 

 

副業でブログ収入が発生すると所得20万円以上で確定申告が必要になります。

 

ただし、所得20万円以下でも住民税の納付が必要になります。

 

この時の20万円は収入ではなく、所得である点に注意です

 

収入と所得の違い

所得とは収入から経費を差し引いた金額を言います。例えば、収入が30万円で経費が15万円ある場合の所得は15万円です。この場合、確定申告は必要ありませんが、住民税の納付は必要です。どこまで経費に含んで良いかは後程解説します。

 

ブログが副業か、本業かによっても確定申告の条件となる所得が変わるので、次でシチュエーション別に説明します。

 

副業ブログは給与所得以外で年間20万円稼いだら確定申告が必要

 

副業でブログ収入を得ている人は所得が20万円以上になったら確定申告が必要です。

 

ただし、所得20万円以上というのは、他の副業所得も含めての数字になります

 

例えば、ブログ収入10万円、株の売却益10万円だと、合計で20万円となるので確定申告が必要となります

 

ポイント

本業以外の収入は全て合計しなければならない点に注意が必要です。本業以外の収入合計が20万円以上なら確定申告必要です。

 

副業ブログ収入が20万円以下でも住民税支払が必要

 

所得が20万円以下の場合は、所得税の確定申告不要です。

 

しかし、これは所得税の確定申告だけが不要ということ。

 

20万円以下であっても住民税の申告は必要になります

 

参考

所得額20万円以上の場合に通常の確定申告をすると、住民税も自動的に申告されます。住民税を追加で申告する必要はありません。

 

住民税の申告は市役所の市民税課などで「住民税申告書」を提出します。

 

「住民税申告書」は自治体窓口か、自治体ホームページからダウンロードできます。

 

提出場所は自治体によって違うので必ず自治体ホームページで確認してください。

 

住民税申告の提出期限は確定申告と同じく毎年2月16日~3月15日です

 

副業でバレない住民税納付方法

 

副業禁止の会社でサラリーマンが副業をしている場合、住民税でバレるという話を良く聞きます。

 

しかし実際は住民税の納付方法を注意すればまずバレないです

 

バレない方法

バレない方法:確定申告または住民税納付時に「特別徴収」ではなく「普通徴収」を選択する。

 

確定申告時の「住民税に関する事項」の住民税徴収方法を「自分で納付」を選択することで普通徴収が選択できます

 

自分で納付を選択

自分で納付を選択

 

 

普通徴収にすると会社には給料天引きで引き落とされる特別徴収の住民税だけしか通知がいきません。

 

副業で稼いだ収入は普通徴収となり、自分にしか通知が来ないということです。

 

副業収入も特別徴収にしてしまうと、会社に副業収入分上乗せした住民税が通知されて、会社の経理担当者が「あれっ!?」となるわけです。

 

イーグル隊長

副業収入を隠すには、住民税納付方法を「普通徴収」にすることです。会社には給与分の通知しか行かないため、副業収入は把握できません。

 

普通徴収を選択すると、自分で住民税を支払う必要があるので、忘れないようにしましょう。

 

ただし、副業内容によっては「特別徴収」しか出来ない場合があります。

例えば副業がアルバイトの場合は特別徴収しか選べません。

ブログ収入は普通徴収の選択が可能です。

 

自治体によってはそもそも普通徴収が選べない先もあるので、あらかじめ自治体に電話で問い合わせしておきましょう

 

イーグル隊長

住民税の普通徴収は1回手続きしたら終わりではなく、毎年同じ手続きをする必要があります。

 

バレない副業について詳しくまとめました。

バレない副業は住民税を普通徴収にすること
バレない副業は住民税を普通徴収にすること【具体的に解説】

続きを見る

 

 

本業ブログなら年間38万円稼いだら確定申告が必要

 

サラリーマン以外でブログのみ、または他の副業を含めたフリーランスの方は、年間38万円以上の所得がある場合に確定申告が必要です。

 

ブログ収入の税金を確定申告しないと税務署にバレる?

ブログ収入の税金を確定申告しないと税務署にバレる?

ブログ収入の税金を確定申告しないと税務署にバレる?

 

 

ブログ収入はASPから自分あてに支払いが入るだけなので、「税金の確定申告しなくてもバレないんじゃない?」という気持ちが働きがちです

 

しかし、ブログ収入は必ずバレます

 

バレる理由

税務署はネットビジネスに目を光らせており、簡単にバレます。

 

税金の無申告が税務署にバレる理由

 

税務署はネット収入専門の税務調査官を配属しており、ネットビジネスは重点的にチェックされています

 

個人にブログ収入を支払うASPは全てしっかり税金を納付しています。

 

ASPは税金納付時に、誰にどれだけ報酬を支払ったかの情報をしっかり申告しているため、税務署は個人の収入状況を確実に把握できます。

 

以上より税務署はしっかり個人のブログ収入情報を握っています。

 

「自分の収入は知られていないんじゃないか」という安易な発想はやめてしっかり税金納付をしましょう

 

確定申告をしないとどうなる?

 

ブログ収入の税金に対して確定申告をしないと、最悪財産が差し押さえられる可能性があります。

 

無申告や過少申告した場合は延滞税、無申告加算税、重加算税といった通常よりも重いペナルティが与えられます

 

税金の確定申告を面倒くさいと思ってはいけません。

 

きちんと法律に基づいた国民の義務なので、必ず確定申告をするようにしましょう。

 

ブログ収入の確定申告、税金納付は副業か本業かで違う

ブログ収入の確定申告、税金納付は副業か本業かで違う

ブログ収入の確定申告、税金納付は副業か本業かで違う

 

 

ブログ収入税金は副業か本業かによって確定申告が変わります。

 

副業と本業の違い

副業:サラリーマンで給料を得ながらブログ収入を稼ぐ場合

本業:サラリーマン給与を得ずにブログで生計を立てる場合

 

副業か本業かで確定申告が変わります。

 

確定申告の違い

  1. ブログ収入が副業のケース:「雑所得」として確定申告を行う。
  2. ブログ収入が本業のケース:「事業所得」として確定申告を行う。

 

ブログが本業のケースである、事業所得の方が副業の雑所得と比べて税制面で優遇があります

 

同じ収入を得ても事業所得として申告した方が課税額が少なくなります。

 

事業所得だと最大65万円の青色申告特別控除や30万円未満の少額減価償却資産の特例、純資産の繰り越し、繰り戻しといった優遇措置があります。

 

悩める柴

じゃあ僕も事業所得として確定申告したい!

 

副業ブログだと事業所得にはできません。

イーグル隊長

 

税制面でメリットを得られる事業所得を選べるのは「本業」ブロガーのみです

 

本業でブログを運営している場合は、税務署に届出書を提出しましょう。

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

この2つを提出しておけば、本業でブログ運営をしていることになります。

 

ブログ収入の具体的な確定申告方法

ブログ収入の具体的な確定申告方法

ブログ収入の具体的な確定申告方法

 

 

ブログ収入税金を得た場合の確定申告方法を説明します。

 

確定申告期限は毎年2月16日~3月15日

※開始と最終日が土日の年は日付が異なるので日付を確認しましょう。

 

確定申告のポイント

ブログ収入に対して経費を算出し、利益を計算する。

 

税金を納付するためには、利益を算出する必要があります。

 

赤字だった場合は税金がかかりません。

 

収入と経費から利益を計算するために普段から帳簿を付けましょう

 

利益の計算は帳簿を付けよう

 

ブログ収入と経費から利益を算出するためには帳簿の作成が必須です。

 

帳簿といっても難しいことはなく、エクセルでまとめればOKです

 

帳簿としてエクセルでまとめる内容

 

帳簿としてエクセルには日付、金額、内容を記載すれば大丈夫です。

 

参考例

・3月1日 ワードプレス導入 初期費用 3000円

・4月30日 ブログ収入(A8net) 4000円

 

こんな感じで書き留めておきましょう。

 

領収書などは必ず保存する

 

領収書などは絶対に保存してください

 

領収書などは保存していないと経費で認められないことがあります。

 

エビデンスとして自分の身を守るために、領収書などは保管しておきましょう。

 

売上の集計方法

 

売上はASPやグーグルアドセンスからの収入を集計します。

 

期間は1月から12月分の1年間です。

 

注意ポイント

12月に入金された分までではありません。12月に発生した分までです。

つまり、1月や2月に入金する12月分までが対象となります。

一定額に達するまで入金がない分についても、発生していたら収入として計算する必要があります。

 

 

経費の参考例

 

続いてはブログの経費です。

 

経費は収入を得るために使用した備品購入費などを指します。

 

例えば、

経費参考例

  • パソコン購入費の一部
  • ネット接続費、スマホ代の一部
  • ワードプレス費用
  • 有料テーマ費用
  • セミナー代、書籍代
  • 写真撮影用のカメラ購入費の一部

 

ここでの注意は全額経費算入できないものが多い点です。

 

「一部」と書いているのが全額経費算入できないものの例です。

 

注意ポイント

ブログを書くにはパソコンが必須なので、経費に出来ます。

しかし、パソコンは普段使いでネットサーフィンなどにも使います。

ブログ以外に普段生活で使用するものは一部だけしか経費算入できません。

ネット接続費、スマホ代、カメラ代なども同様です。

 

この一部のうち、何割を経費にするかは、自分で決める必要があります。

 

例えば3割または5割とすることは自由ですが、後できちんと説明できるようにして下さい。

例えば、パソコンはブログ運営に半分使っているなど。

 

確定申告書を提出した時点では「何割を算入したか」とか、「経費の内容」について何も言われません。

 

問題があるのは数年たって税務調査が来た場合です

 

しっかり経費の計算方法、領収書などのエビデンスは保存しておくようにしましょう。

 

個人で行う会計ソフトのおすすめはfreee(フリー)です。

 

freeeを使えば面倒な確定申告も簡単に出来ます。

 

freeeホームページへ

 

 

ブログ収入税金の節税方法

ブログ収入税金の節税方法

ブログ収入税金の節税方法

 

 

ブログ収入が伸びている場合は、節税対策を検討しましょう。

 

節税対策

  • なるべく経費に算入する
  • 購入予定のものを今年中に買う
  • 両親、配偶者、子を扶養に入れる

 

できるだけ経費に計上する。これが今すぐできる節税対策です。

 

出費を漏れなく経費に計上することで所得金額を抑えることが出来ます。

 

領収書のチェックは面倒ですが、無駄な税金を払わないためにもしっかり節税しましょう。

 

両親、配偶者、子の扶養入れ漏れがないかも確認しましょう。

 

扶養控除は高額になるのでインパクトが大きいです

 

 

ブログ収入の税金納付、確定申告お役立ちツール

ブログ収入の税金納付、確定申告お役立ちツール

ブログ収入の税金納付、確定申告お役立ちツール

 

 

ブログ収入の税金納付、確定申告で活躍するツールについて説明します。

 

会計ソフトfreee(フリー)

会計ソフトfreee(フリー)

会計ソフトfreee(フリー)

 

 

会計ソフトfreee(フリー)は確定申告で大活躍してくれます。

 

運営会社のfreee株式会社は上場しており、信頼感があります。

 

freeeの評判はかなり良く、使った人の多くが満足しています。

 

 

 

確定申告や帳簿作成は面倒な点が多々ありますので、freeeを使うことでハードルがぐっと下がります。

 

プランは有料ですが、freeeを使うことで時間を大幅に節約できます。

 

イーグル隊長

確定申告にかかる時間をお金で買うイメージですね。

 

便利機能

 

確定申告書の作成が質問に答えるだけで完了する機能もあります。

 

注意ポイント

楽になるとは言え、完全丸投げで確定申告が出来るわけではありません。

入力作業、確認作業は自分で行う必要があります。

 

上記のような注意点はもちろんありますが、確定申告の大きなサポートになるのは間違いありません。

 

最初は無料から始める方法もあるので、まずは無料お試しをするのがおすすめです

 

freeeホームページへ

 

 

税理士への相談なら税理士ドットコム

税理士への相談なら税理士ドットコム

税理士への相談なら税理士ドットコム

 

 

確定申告や税金関係の不明点の相談なら税理士ドットコム

 

こちらも上場会社なので、安心感があります。

 

評判もかなり良いです。

 

 

 

 

税理士ドットコムでは、税理士の紹介が完全無料で利用可能です。

 

紹介人数の制限なく、何度でも無料で変更も可能。

※税理士紹介後の具体的な依頼は有料です(確定申告の依頼など)。

 

税理士ドットコムのメリットです。

 

メリット

  • 税理士紹介までは完全無料で何度でも紹介してもらえる
  • 運営歴が10年以上で豊富な実績あり
  • 全体的に報酬が安く、既存報酬の引き下げの実績多数

 

反対にデメリットです。

 

デメリット

  • 地域によっては税理士の数が少ない
  • 税理士によって得意、不得意分野がある

 

税理士によって節税対策、相続、確定申告、資金調達など得意分野が違います。

 

紹介してもらった税理士の得意分野がいまいちだった場合は変更し、自分に合った税理士を探しましょう。

 

確定申告で大事なことは初年度に間違えないことです

 

1回間違えてしまうと、次年度、その先も間違えたまま、間違いが増えていきます。

 

税務調査が入り、間違いが膨らんでいるとペナルティが大きくなります。

 

それを防ぐためにも不明点は税理士に直接相談するのが賢い選択です

 

イーグル隊長

税理士ドットコムで気楽に相談できる税理士を見つけましょう。

 

税理士ドットコムホームページへ

 

 

まとめ:ブログ収入の税金、確定申告について

まとめ:ブログ収入の税金、確定申告について

まとめ:ブログ収入の税金、確定申告について

 

 

ブログ収入税金の確定申告について説明してきました。

 

ブログ収入が20万円以上の場合は確定申告が必要です。20万円未満でも住民税申告が必要です

 

申告しないでいると後に税務署にバレてペナルティが発生するので、絶対に避けましょう。

 

その上で出来るだけ税金を節税するために経費を記録してください。

 

「初めての確定申告で良く分からない」、「確定申告の作業自体が分からない」といった方もいると思います。

 

会計ソフトのfreee(フリー)なら確定申告作業を一気に簡単にしてくれます。

 

また税理士にアドバイスを聞いたり、確定申告の代行を依頼するのもありです。

 

気軽に税理士を探すなら税理士ドットコムが便利です。

 

イーグル隊長

確定申告は1年目が特に重要です。1回間違えてしまうと、来年以降も間違えてしまい、数年後に税務調査が入る可能性があります。

しっかり確定申告方法を確認して対応しましょう。

困ったら税理士に聞くことをおすすめします。

 

本記事はこれで以上です。

 

ブログの必須ツールをまとめました。

ブログアフィリエイトのおすすめ必須ツール10個
副業ブログのおすすめ必須ツール10個

続きを見る

 

ブログのイラスト依頼ならこちら

【ココナラ以外も】ブログイラストの依頼方法
【ココナラ以外も】ブログイラストの依頼方法

続きを見る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -アフィリエイト, ブログ, ブログ運営, 初心者

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5