個別株 米国株

米国株IPOで注目される大型銘柄【2020年】

米国株IPOで注目される大型銘柄【2020年】

米国株IPOで注目される大型銘柄【2020年】

 

 

2020年に米国株でIPOが期待される銘柄をまとめました。

 

2020年はコロナショックにより、IPOが難航されると予想されています。

 

しかし、2020年6月IPOしたZoominfoは初値21ドル → 34ドルへ上昇。非常に好調な滑り出しを見せました

 

直近で米国株IPOインデックスはS&Pインデックスを大きく上回っています

※IPOインデックス:直近IPO銘柄で構成されるインデックス。

 

IPOインデックス vs S&Pインデックス

 

 

コロナショック後の経済再開により、IPO株の成長が期待されています。

 

2020年のIPO数予想は159件程度。2019年と概ね同数と見られています。

 

2020年で今後米国株IPOが予定される注目株をまとめました

 

イーグル隊長

IPO後に成長を続ける銘柄が増えています。アフターコロナの成長株選定にいかがでしょうか。

 

 

 

 

2020年米国株IPOの注目銘柄

2020年米国株IPOの注目銘柄

2020年米国株IPOの注目銘柄

 

Airbnb

 

注目度:

企業価値:310億ドル

 

ご存じ、民間宿泊業のAirbnb。日本ではまだまだ浸透していませんが、アメリカではホテルに代わるAirbnbが当たり前になりました。

 

しかし、コロナによる打撃が非常に大きい部門。経済再開が進んでいますが、Airbnb予約の回復にはしばらく時間が必要と言えます。

 

2020年IPO予定ではありますが、コロナ状況によっては見送る可能性も高いです

 

 

Robinhood

 

注目度:

企業価値:76億ドル

 

株式投資のアプリです。同業他社に先駆けて株式取引の手数料無料を実施。業界に衝撃を与えました。

 

現在1000万人のユーザーを抱えており、広く認知されています

 

コロナによる株暴落で新たに投資を始める人も増えています。今後の成長に期待です。

 

Snowflake

 

注目度:

企業価値:120億ドル。

 

クラウドベースの保存場所を提供。

 

特徴はプラットフォームを超えてクラウド共有が出来ること(アマゾンウェブサービス、Azure、グーグルクラウド、セールスフォースなど)。

 

早ければ2020年夏にもIPOが期待されます。

 

Doordash

 

注目度:

企業価値:130億ドル。

 

フードデリバリーのスタートアップ。Uber Eats、Postmatesが競合です。

 

高い競合、低い利益率の業界であるため、どこまで成長できるかが気になるところです。

 

ソフトバンクが資金出資した会社であり、WeWorkのIPO失敗もある中、色んな意味で注目される会社です

 

Postmates

 

注目度:

企業評価:24億ドル。

 

フードデリバリーサービスを提供する先。

 

2019年にIPOを予定していましたが、遅らせて現在に至っています。

 

競合が多いことからフードデリバリーサービスの利益率が疑問視されており、成長性の見通しが立ちづらい先です。

 

Asana

 

注目度:

企業価値:15億ドル

 

Asakaは仕事上のコミュニケーションツールを提供。SlackやAtlassianと同様のサービスです。

 

SlackやAtlassianが成功を見せている中、Asakaがどこまで追いつけるかが注目されます

 

Instacart

 

注目度:

企業価値:80億ドル。

 

スーパーのフードデリバリーを手掛ける先。コロナにより、デリバリーサービスが拡大している中、追い風となっています。

 

しかし、コピーされやすい内容であり、競合も増えやすいことから、価格競争による利益率低下が懸念される先です。

 

Wish

 

注目度:

企業価値:110億ドル。

 

Wishはeコマースのプラットフォームを提供。天下のアマゾンが競合です。

 

Wishは非ブランドや、安い商品等、ニッチな分野に特化。

 

バイヤーと製造会社(主に中国)を繋げるサービスも提供。

 

アマゾンより手数料が低いのが特徴で、ニッチ分野を扱う出展者に歓迎されています

 

アフターコロナで成長が期待できる分野。どこまで伸びるか期待されます。

 

Procore Technologies

 

注目度:

企業価値:40億ドル。

 

Procore Technologiesはニッチ分野を攻めており、建設の管理ソフトウェアを提供。

 

仕事の進捗、設計図との連動、ファイナンスなどを管理できるソフトウェアです。

 

同様のサービスを提供するTexturaは2013年にIPOし、オラクルに3年以内に買収されています。

 

 

まとめ:2020年米国株IPOで注目される銘柄

まとめ:2020年米国株IPOで注目される銘柄

まとめ:2020年米国株IPOで注目される銘柄

 

 

2020年米国株IPOで注目される銘柄を紹介しました。

 

コロナショックが底打ちし、経済再開が期待される中でIPO株の成長が期待されます。

 

IPOインデックスはS&Pを大きく上回っており、このペースが続けば、IPO成長株の中からテンバガーが発生する可能性も十分あります

 

今後の個別株選定にお役立てください。

 

本記事はこれで以上です。

 

IPO株を買うなら米国証券会社のFirstradeがおすすめ

米国証券会社Firstradeの口座開設方法
【日本にいながら口座開設】米国証券会社Firstrade開設方法

続きを見る

 

コロナウィルスのワクチン開発米国株5社を紹介【テンバガー候補】
コロナウィルスのワクチン開発米国株5社を紹介【テンバガー候補】

続きを見る

 

10倍成長に賭けろ!米国株テンバガー狙いのSprout Social
10倍成長に賭けろ!米国株テンバガー狙いのSprout Social

続きを見る

 

ブログ村始めました。ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    イーグル隊長

    30代副業サラリーマンです。資産運用、副業の有益を発信しています。10年以上金融に携わり、米国にてMBA取得。株式アクティブ運用中。自由な生き方をすべく、アーリーリタイアを目指しています。

    -個別株, 米国株

    © 2021 イーグル隊長の資産運用、副業ブログ Powered by AFFINGER5